ブレークスルーテクノロジーコースの内容、手法、進行方法、提供方法について、これまでに多数の精神科医、心理学者、聖職者、その他さまざまな分野の専門家による入念な調査研究がなされました。
そしていずれも、ランドマークが提供しているプログラムは、心理学やカルト、宗教、社会学的なものではない、という結論に達しています。
事実、調査を行った後、多くの専門家はランドマークとそのプログラムを全面的に支持しています。
例えば、アメリカで最も大きな心理療法医の協会である米国心理学協会の元最高理事のレイモンド・フォウラー博士は、1999年にランドマークエデュケーションフォーラム(日本でのプログラム名はブレークスルーテクノロジーコース)を調査し、詳しい研究の後このように言っています。
「私の個人的意見としては、ブレークスルーテクノロジーコースはカルト(新興宗教)ではなく、またカルトと似たところすらない。「分別と責任感のある人なら、ブレークスルーテクノロジーコースが新興宗教であるなどとは言うはずがないと私は思います。」といっています。